2009年12月03日

awaiにてトークイベント開催

歌舞伎の楽しみ方とお作法塾  第二弾
〜「新春花形歌舞伎 伊達の十役」を楽しむ〜

今年6月に開催し大好評でした「歌舞伎の楽しみ方とお作法塾」の第二弾を開催します。
歌舞伎鑑賞の“いろは”をはじめ、1月2日から新橋演舞場にて上演される「新春花形歌舞伎 伊達の十役」の見どころや、「新春らしい装いで歌舞伎を鑑賞する」ためのコーディネートや着物での観劇のお作法などをお話するイベントです。
「伊達の十役」のみどころは、なんといっても善悪・老若男女の10役を早替りし、さらに宙乗りを見せる、というところにあります。江戸歌舞伎の醍醐味を存分に堪能できる市川猿之助の人気演目のひとつです。じつは「伊達の十役」は長らく埋もれていた演目でした。市川猿之助と演出家・戸部銀作氏らが復活させ、その後、猿之助の人気演目となったのです。1999年「猿之助の一世一代」ともいうべき舞台が行われて以来、じつに11年ぶりの上演であり、市川海老蔵が勤めるという注目の演目です。猿之助の一世一代の舞台が行われた当時、大学院生だった山崎達璽は戸部先生のゼミで台本の解説を聞き、舞台稽古の見学にも行った経験を持ちます。これらの経験をもとに、来春の新春歌舞伎のみどころについてお話いたします。
どうぞ皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。


<歌舞伎編 講師> 映画監督:山崎達璽
自らも「男きもの派」であり、歌舞伎に深い造詣を持つ山崎監督が「上演演目のあらすじ&見どころ」のほか、チケットの購入方法など、初心者向けの歌舞伎見物の基礎知識についてもお話します。

<着物編 講師> awai支配人:木下勝博
新春にふさわしい装いで歌舞伎を見物した際のコーディネートや着物姿で歌舞伎を鑑賞する際のお作法などについてお話します。


----------------------------------------------------

「歌舞伎の楽しみ方とお作法塾 第二弾」
日時:12月20日(日)11:00〜12:30
場所:awai
参加費:2,500円(着物でご参加の方は2,000円)
定員:18名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
申込:メールにてお申込ください。(event@awai.jp)
→件名に「12/20 歌舞伎講座参加希望」。本文に「氏名・電話番号」をご記載ください。
※最近、プロバイダの迷惑メール対策でメールが届かない、またはawaiからの返事が届かないというケースがあります。お申込後2日以上経っても返信がない場合などにはお手数ですがお問い合わせください。
posted by 山崎達璽事務所 at 20:07| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

『夢二人形』『宮城野』イタリアで上映

11月27〜30日にイタリアで開催される「第1回フィレンツェ日本映画祭」にて『宮城野』が上映されることになりました。初開催となる今回の映画祭では、アカデミー賞受賞作品『おくりびと』『つみきのいえ』をはじめ、日本映画10作品が、1000年近く前に起源を持つサント・ステファノ教会にて上映されます。
この映画祭は“着物パレード”や山形県の特産品を使った日本食の紹介など、映画だけでなく日本という国が多角的に紹介されるお祭りでもあります。

第1回フィレンツェ日本映画祭 公式サイト
http://www.rassegnagiappone.com

今回は『宮城野』の上映に加え、『夢二人形』の上映やフィレンツェ大学での特別講義など、映画監督・山崎達璽のイベントも現地にて行います。

<フィレンツェでの現地イベント(予定)>
・24日(火)
Teatro del Sale(テアトル・デル・サーレ)にて『夢二人形』上映
(1998年/16mmフィルム/モノクロ/スタンダード/38分) ※2004年のリニューアル版をデジタル上映

・25(水)
Palazzo Strozzi(ストロッツィ宮)にて記者会見

・26日(木)
フィレンツェ大学日本文学学科での特別講義
(講演テーマ『歌舞伎が培った日本のエンターテイメント文化』)

・27日(金)
映画祭イベント 「着物日和」
(着物姿の人々がフィレンツェの街をパレードします)

・28日(土)
S. Stefano(サント・ステファノ教会)にて舞台挨拶、『宮城野』上映
(2008年/35mmフィルム/カラー/ヴィスタ/113分) 

・29日(日)
S. Stefano(サント・ステファノ教会)にて『宮城野』追加上映(緊急決定!)

・30日(月)
Palazzo Strozzi(ストロッツィ宮)にて記念講演

男きもの派でもある映画監督として、現地でのイベントはすべて着物姿で登場します。 衣装協力 山喜屋
posted by 山崎達璽事務所 at 07:19| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

awaiにてトークイベント第2弾開催

歌舞伎の楽しみ方とお作法塾&歌舞伎見物への誘い
〜ゴレンジャーの決めポーズの起源は歌舞伎にあり!?〜

8月に歌舞伎座で上演される「納涼大歌舞伎」の見どころや、歌舞伎鑑賞の“いろは”をはじめ、「浴衣で歌舞伎を鑑賞する」ときに必要な浴衣&夏着物のお作法、コーディネートなどご提案します。
歌舞伎座の建て替えが決定し、今の歌舞伎座で行なわれる納涼大歌舞伎は今夏、最後となります。歌舞伎座の最後の夏の思い出をご一緒に楽しみましょう。


<歌舞伎編 講師> 映画監督:山崎達璽
自らも「男きもの派」であり、歌舞伎に深い造詣を持つ山崎監督が「上演演目のあらすじ&見どころ」、「映画と歌舞伎、現代の芸能の原点」などをお話します。チケットの購入方法など、初心者向けの歌舞伎見物の基礎知識もマスターできます。

<着物編 講師> awai支配人:木下勝博
浴衣姿で納涼歌舞伎を見物する際のお作法やコーディネート、「座席にラクに座れるオシャレな帯結び」などをご紹介。今夏、浴衣&夏着物でのお出かけを満喫したいという方にぴったりの内容です。


「歌舞伎の楽しみ方とお作法塾」
日 時:6月27日(土)11:00〜12:30
場 所:awai 東京都港区六本木4−5−7 TEL 03-5770-6540
参加費:2,500円(着物でご参加の方は2,000円)
定 員:18名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お申し込み方法について
awaiの公式サイトをご参照の上、event@awai.jpまでお申込ください。
※件名に「6/27 歌舞伎講座参加希望」、本文に「氏名・電話番号」をご記載ください。
posted by 山崎達璽事務所 at 22:26| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

awaiにてトークイベント開催

来る5月3日(日)トークイベントを開催します。
今回のイベントの会場は、六本木にある「リアルクローズの着物ブランド」として人気のawaiです。支配人・木下勝博さんをはじめ、スタッフ全員が「毎日、着物を着ています」というお店です。
伝統文化に魅せられ、時代劇を撮る映画監督・山崎達璽が、映画と着物、そして日本文化について語ります。イベント終了後、ご希望者とご一緒に懇親会(要・別途費用)も予定しております。みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
 

映画監督・山崎達璽が語る
「古(いにしえ)と現代(いま)の“着物の女性美”」

最年少の時代劇・映画監督が観た、江戸、大正、そして平成の日本文化とは?

日時:5月3日(日) 19:30〜20:30
費用:2,500円 ※着物での参加の方は2,000円
定員:18名 ※定員になり次第締切らせて頂きます。
場所:awai 東京都港区六本木4−5−7 TEL 03-5770-6540

お申し込み方法について
awaiの公式サイトをご参照の上、event@awai.jpまでお申込ください。
件名に「5/3トークイベント参加希望」、本文に「氏名・電話番号」をご記載ください。


○イベント内容
・なぜ、作品が時代劇なのか。
・映画監督として思う、女性の着物美とは。 
・理想の着物美人とは。
・なぜ、自身も着物を着るようになったのか。
・歌舞伎、浮世絵などの伝統文化に魅せられた理由。
・今、継承の危機にさらされている伝統文化に対して思うこと……など
posted by 山崎達璽事務所 at 11:40| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

「山崎達璽事務所」開設のお知らせ

このたび株式会社ビサイド様のお力添えにより「ウィズスクエア」内に「山崎達璽事務所」を開設いたしました。2009年4月1日より個人の活動及び旧作(『夢二人形』(98)まで)の著作権管理に関するお問い合わせ窓口は新事務所となります。何とぞよろしくお願い申し上げます。

山崎達璽事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
TEL: 03-5201-3617 (平日 9:00-18:00)
FAX: 03-5201-3712
posted by 山崎達璽事務所 at 00:00| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

『ウィズニュース』にインタヴュー掲載

レンタルオフィス「ウィズスクエア」の会報誌『ウィズニュース』にインタヴューが掲載されました。Web上でもご覧になれます。
http://www.wissquare.jp/community/network_ya04.html

ウィズスクエアは中小企業・起業家・フリーランスのビジネスパートナーとして株式会社ビサイドさんが運営しています。
posted by 山崎達璽事務所 at 00:00| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

『時代劇マガジン』にインタヴュー&『宮城野』特集記事掲載

jidai_011.jpg辰巳出版の『時代劇マガジンvol.19』(12/12発売)にインタヴュー&『宮城野』の特集記事が掲載されます。初公開となる本編の写真や現場のメイキング写真も掲載される予定です。
posted by 山崎達璽事務所 at 00:00| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」にて『宮城野』特別上映決定

tateshinalogo.jpg
長野県茅野市で開催される「第11回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」にて『宮城野』が特別上映されます。

日時:2008年10月31日(金)18:30〜 (上映終了後に監督舞台挨拶)
会場:茅野新星劇場
料金:前売り800円 当日1,000円

2004年の第7回では、「大正ロマン2作品」と銘打って『夢二人形』『三面夢姿繪』が上映されました。そのご縁もあって、このたびの上映の運びとなりました。


第11回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭
会期:2008年10月31日(金)〜11月2日(日)
主催: 「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」実行委員会
共催: 茅野市、茅野市観光連盟
posted by 山崎達璽事務所 at 00:05| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画祭への誘い

「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」へのご参加をお考えの方へ、東京からのツアー・モデルをご紹介します。

10/31(金)
【新宿】16:00→スーパーあずさ23号→【茅野】18:03
運賃は5,870円。金券ショップであずさ回数券をバラで買うともっとお安くなります。 

茅野新星劇場は駅より徒歩5分です。

18:30〜本編上映(113分)、終了後舞台挨拶。
残念ながら終電はありません。
宿泊は3,500円〜。こちらをご参照ください。

是非、ご来場ください!
posted by 山崎達璽事務所 at 00:00| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

『和の生活マガジン Sakura』にインタヴュー掲載

株式会社PR現代の月刊誌『和の生活マガジン Sakura』2008年9月号(8/20発売)にインタヴュー記事が掲載されます。

「チョイ悪おとこはきもの好き」の第3回
女流川柳作家として人気のやすみりえさんが、毎回きものを着たかっこいい男性と対談します。
「きものの魅力」
「きものを着ていて得したこと」
「男のきものとは」
「日本女性のきもの姿について」……の話が中心です。
最後にやすみさんが「本日のいい男川柳」を1句ご披露いただきます。

着物は『宮城野』でもお世話になった山喜屋さんの提供。写真は宮川舞子が担当。

乞うご期待!
posted by 山崎達璽事務所 at 22:41| 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。